印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


奥多摩・青梅の自然をテーマに、登山・遊歩道・観光名所などや、奥多摩に数百年受け継がれている獅子舞いなどの文化面を写真を主体として掲載しています。

西暦700年代にやおびくという尼さんが開いたとされています。歴史ある観音寺で、境内一面のツツジがとてもきれいな所です。

vw_2.jpg各写真のコメントですvw_13.jpg各写真のコメントですvw_1.jpg各写真のコメントですvw_7.jpg各写真のコメントですvw_9.jpg各写真のコメントです

塩船観音ギャラリーはこちらから

江戸時代、奥多摩の材木は川を流して運ばれていて、巨岩や奇岩などで川が入り組んだこの場所に材木が滞留したために、人夫達の宿泊の地もあり賑わっていたそうです。渓谷のすぐ横に巨岩がドシット構えていますが、巨岩の上には水神社が祀られてあります。その水神社の祠に二羽の鳩が巣を作り、その様子が仲むつまじく、人夫達の心を和ませていたことから、自然に鳩ノ巣と呼ばれるようになったそうです。

vw_26.jpg各写真のコメントですvw_20.jpg各写真のコメントですvw_411.jpg各写真のコメントですvw_40.jpg各写真のコメントですvw_53.jpg各写真のコメントです

鳩の巣渓谷ギャラリーはこちらから

Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua.

vw_1.jpg各写真のコメントですvw_2.jpg各写真のコメントですvw_10.jpg各写真のコメントですvw_12.jpg各写真のコメントですvw_18.jpg各写真のコメントです

御岳山ギャラリーはこちらから

吉野梅郷梅の梅の木公園は、2014年3月で休園となりました。

18.jpg30.jpg42.jpg

梅の郷公園ギャラリーはこちらから(編集中)

JR青梅線・沢井駅下車。澤之井酒造前の青梅街道を多摩川の方に歩いて行くと、多摩川沿いに御岳まで遊歩道があります。その遊歩道沿いに景色を撮影しました。

sawai_mitake_keikoku_0020.jpg各写真のコメントですsawai_mitake_keikoku_0039.jpg各写真のコメントですsawai_mitake_keikoku_0051.jpg各写真のコメントですsawai_mitake_keikoku_0234.jpg各写真のコメントですsawai_mitake_keikoku_0386.jpg各写真のコメントです

沢井~御岳渓谷遊歩道ギャラリーはこちらから

奥多摩駅から海沢へ歩き、白丸ダム遊歩道へ、白丸ダムの堰堤まで行くと鳩の巣渓谷は徒歩15分ほど。天気により渓谷は様々な雰囲気を見せてくれます。白丸ダム堰堤の横には魚が造られ、川魚が上流へと上れるような設備になっていて見学できます。数年前から山の斜面の工事のために、現在は白丸ダム遊歩道と鳩の巣渓谷遊歩道は通りぬけできません。遊歩道から青梅街道へ出て、歩くようになります。

siromarudamu_20081122_mimamihikawa_0114.jpg各写真のコメントですshiromarudamu_20081123_kazumabasi_0113.jpg各写真のコメントですsiromarudamu_20081122_gyodou_0089.jpg各写真のコメントですsiromarudamu_20081122_gyodou_0160.jpg各写真のコメントですsiromarudamu_20081122_gyodou_0042.jpg各写真のコメントです

奥多摩駅~白丸ダム~鳩ノ巣渓谷遊歩道ギャラリーはこちらから

奥多摩の旧道をむかし道と呼んでいます。新緑や紅葉の時期は多くの多くの人が訪れます。目的によって違うかもしれませんが、バスに乗って奥多摩湖まで行き、そこから水根へ上がり、中山からむかし道へ降りる方が楽に歩けます。また、境集落、奥多摩駅間は、青梅街道沿いを歩きながら景色を見るのもお勧めです。境橋から境集落へ行けます。

P1050811.JPG各写真のコメントですP1050870.JPG各写真のコメントです20101120_okutama_mokashimichiP1030201.jpg各写真のコメントです20101120_okutama_mokashimichiP1030369.jpg各写真のコメントですP1060002.JPG各写真のコメントです

奥多摩むかし道ギャラリーはこちらから(編集中)

ページの先頭へ